3dprint&inspiration

FDM(熱溶解積層)タイプなどのパーソナル3Dプリンタは造形方式の性格上、出力物に独特のテクスチャ感が残ります。
この独特のテクスチャ感を活かしつつ各種素材を組み合わせることで、無機質になりがちな3Dプリント造形物をクラフト感のあるものにしています。

 


3Dプリントによる成果物は、3Dプリントの造形方式だけでなくモデリング、スライスソフトの種類やパラメータ、材料特性なども考慮が必要です。
その中でもFDMタイプによる3Dプリントは形状によりますが、スライスソフトでのパス生成の際に、内部充填率の調整が可能なためほぼ中空構造にすることが可能です。
そのため素材の色やスライスソフトの設定次第でソリッドな形状でも動画のように簡単に光らせることができます。